財団法人 日本数学検定協会 

数学おじさんが投稿した「読者の手紙」 4月17日 掲載された。早速, 故郷の甥からメールが届いた。手紙の書き出しが, あと1年を残した中学校数学教師である甥の言葉「教師力は授業力」であったからです。

 

                  数学おじさんが求める教師像 3本柱

① 教材に精通した授業力

大黒柱です。地道な教材研修の積み上げが授業力の原動力です。

高校数学では, 定義・定理・公式などの基本の基礎からゆっくりと展開することがポイントです。問題演習は生徒がやればいい。

② 適切なテスト問題

平均点60点, 90点以上が少なくとも1人はいる, 40点未満はいない。

テスト結果で生徒は自信を持つ。テストで生徒をいじめてはいけない

③ 上を空けておく

教師は生徒を押さえつけてはいけない。教師は生徒を下から支えて伸びゆく生徒の上を空けておく