高校では2つの平面 デカルト平面(座標平面)とガウス平面(複素数平面)を扱う。共役複素数, 極形式, 複素数は積と商, ド・モアブルの定理。