グラフを用いて, ルート2の存在を知る